2020.02.06 Thursday 08:11

敷地出入口の間口が広すぎて…。

敷地と隣接道路との出入間口が広いと自由に行き来できるので

家主としてはとても便利ですが、デメリットもあります。

他車が簡単に侵入してきたり、

ひどい場合は敷地で勝手に旋回する車まで現れます!

人によっては、砂利敷きの広い場所は無意識に「空地」的発想になり

罪悪感なく進入してきてしまいます。

それを無くすには、

ヽ姐修鮴鞍する。敷地をアピールする。

のいずれかの方法が有効です。

今回は、△諒法で簡単に無断進入を防ぐことに成功した事例です。

before↓

広い間口は便利でもあり、悩みの種でもありました。

当初は、道路際に花壇や門柱を検討しましたが、

敷地も広いので全体構想をする中で慌てて外構を作るの

をやめることにしました。

 

after↓

△諒法として大型プランターを3個設置、

嫌みなく敷地のアピールに成功しました!

大型ですが、FRP製なので移動も可能です。

広い間口の使い方を自由に変えられるのがいいですね。

これで一安心、これからじっくりとお庭の全体構想を

練って行きましょう!

 

 

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.